ド貧困から起業へ〜奇跡のV字復活ストーリー〜【第3話】

2019年5月25日

第1話はこちら

第2話はこちら

人生は金なのか?

人生で初めて自分でお金を稼ぐ

 

そんな中、母が知り合いに頼み込んで、僕がバイトを出来るところを紹介してくれました。僕は晴れてバイトが出来るようになったのです!

「これで母ちゃんの助けになれる!」そう思ってワクワクしていました。

 

そして、初月で3万円の給料をもらい、僕は人生で初めて自分で稼いだお金にテンションが上がりまくりました。

 

「金だ!!!これがあれば好きなものがなんでも買えるぞ!!!」

そう思って、初の給料をもらった後は、ゲームに課金するためのネットマネーを5000円分買って帰りました。笑

金があるだけこんなに心の余裕が違うのか!ということを、この時初めて実感することができました。

 

僕はバイトに明け暮れました。夏休みはほぼ毎日入り、念願の自分専用のパソコンも買うことができました。

そして、貯金も30万近く溜まりました。

 

ただ、家には1円も入れなかったのです。

当時の僕の持ちとしては「俺が稼いだ金だ!」くらいに思っていたんでしょう。

でも母は、おそらく母子家庭になってしまったことに対して後ろめたい気持ちがあり、僕にお金を請求することはありませんでした。それをいいことに、僕は遊びまくっていました。正直、今でも後悔がありますが、親孝行が出来る自分になれたのはこの経験のおかげだと思っています。

 

奇跡の大学進学

 

そして、やがて高校3年生の夏になり、進路を決めなければなりませんでした。

僕は大学に行きたいと考えていました。でも家計的には、まぁ無理でしたね。

それはわかっていたんですが、僕は絶対に後悔すると思って、頑張って母にお願いすることに。

 

すると、びっくりしたんですが、母は、

「いいよ。ただ、下宿費は払えないから、通えるところね。そして奨学金借りて自分で払うこと!それが出来るなら、行きなさい。」

と、二つ返事で許してくれたんです。

 

「え、マジで???!!!」

めちゃくちゃテンションが上がりました。

 

僕は推薦をもらうために勉強を頑張り、見事大学に推薦で合格することができました。

無事、奨学金の審査も通り、大学へ行けることになりました。

 

そして、憧れのキャンパスライフ、芝生で寝っ転がるような青春の日々を想像し、大学へ入学するまでに「オレンジデイズ」を何回も見て、「俺も柴崎コウみたいな彼女作るぜ!!!」と、めちゃくちゃワクワクしていました。笑

 

僕は晴れて、念願の大学生になることができました。

 

第4話へ続く

第4話はこちら

▼重要なお知らせ▼

苦しい恋愛、失恋、人間関係、仕事にお悩みのあなたへ。

ブログではちょっと書けない、

僕が今までに300万円以上投資して学んだ知識と経験を全て詰め込んだメンタルトレーニングコンテンツを完全無料でプレゼントしています!

無料といっても、あなたの人生から悩みを排除し、今後の人生をずーっと圧倒的に楽で楽しく過ごせる「一生物の最強メンタル」を構築することが可能です。

それにより、あなたの恋愛、人間関係、仕事、お金、人生における全ての領域が間違いなく好転する内容になっています。

ただし、無料での配布は「100名様限定」とさせていただき、定員になり次第、配布はストップいたします。

まだ受け取っていない方は早めに受け取っていただき、ぜひ「一生物の最強メンタル構築法」について学んでみて下さい。

受け取り希望の方は、僕のLINE@に登録していただければその場で受け取ることができますので、こちらから登録してみてください。

↓ ↓ ↓

 

友だち追加